2016.02.08

リーガ12戦未勝利…バレンシアGK、悲痛な叫び「全員が混乱している」

GettyImages-508238870
リーガ12戦勝ちなしと苦しむバレンシア [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第23節が7日に行われ、ベティスとバレンシアが対戦。敵地に乗り込んだバレンシアは0-1で敗れ、リーグ戦12試合勝ちなしとなった。

 試合後、バレンシアのオーストラリア代表GKマシュー・ライアンが敗戦を振り返った。スペイン紙『Superdeporte』がコメントを伝えている。

 バレンシアは昨年11月7日の第11節セルタ戦で5-1と大勝してから、リーガ・エスパニョーラで12試合勝ちなしと深刻な苦境に陥っている。昨年12月に就任したガリー・ネヴィル監督は未だにリーグ戦で勝利を収めることができず、ベスト4に進出しているコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)でも、3日の準決勝ファーストレグでバルセロナに0-7と大敗。決勝進出は極めて難しい状況だ。

 報道によると、ベティスに0-1と敗れた後、ライアンは「不運にも、このような時間を過ごしてしまっていることは誰にとっても簡単な状況ではない。サッカーにおいても生活においてもそうだよ。誰もがフラストレーションを抱えているんだ。選手たちにとって、これ以上の挫折感はないだろう。自分たちはファンによって気分を害されている。この状況から抜け出すために、できること全てをやるつもりだ」と、コメント。「このような試合の後、自分たちの感情を表現する言葉はあまりないんだ。このような結果に終わった後、僕たちはただ沈黙し、悲しむだけだ」と、続けた。

 さらに「このクラブの全員が混乱している。助けを得られるなら、大歓迎だ。この状況を脱するために、最大限の戦いをしなければいけない」と、悲痛なコメントを残している。

 バレンシアはリーグ戦23試合を終えて、勝ち点25で12位。降格圏内の16位とは勝ち点差4となっている。次戦は10日、コパ・デル・レイ準決勝セカンドレグでバルセロナと対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る