2016.02.08

レアルが苦戦強いられるも2連勝…モドリッチの豪快ミドルが決勝点

ルカ・モドリッチ
決勝点を決めたモドリッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第23節が7日に行われ、グラナダとレアル・マドリードが対戦した。

 現在3位のレアル・マドリードは前節のエスパニョール戦で6-0の大勝を収め、2位アトレティコ・マドリードとの勝点差を1に縮めた。しかし、1試合消化が少ないバルセロナには依然として勝点4差をつけられているため、取りこぼしが許されない状況は変わらない。一方、グラナダは前節のビジャレアル戦を0-1で落とし、降格圏の19位に後退した。残留を目指す上では、相手がレアル・マドリードといえどもなんとか勝点を奪いたいところだ。

 試合は10分、レアル・マドリードのGKケイロル・ナバスが、最終ラインの裏に入ったボールに反応。飛び出してクリアを試みたが、ボールは相手選手に当ってしまう。これを拾ったアルベルト・ペニャランダが右足で押し込んでゴールイン。しかし、ここはオフサイドの判定で得点は認められなかった。

 レアル・マドリードも徐々にチャンスを増やしていく。14分、ハメス・ロドリゲスからロングパスを受けたクリスティアーノ・ロナウドが決定機を迎えたが、ここは枠を捉えきれない。

 スコアが動いたのは30分。レアル・マドリードが中盤からパスをつなぎ、右サイドの高い位置でダニエル・カルバハルがフリーでボールを受ける。カルバハルはエリア右横から中央へ折り返すと、ゴール前で待っていたカリム・ベンゼマが右足で押し込み、レアル・マドリードが先制した。このままレアル・マドリードがリードを保ってハーフタイムを迎えた。

 後半開始早々の46分、グラナダが反撃に出る。右サイドでパスを受けたサクセスがエリア内右に進入して左足シュート。しかし、ここは相手DFに当ってしまった。

 一方、レアル・マドリードも積極的にシュートを打っていく。49分、ルカ・モドリッチが強烈なミドルシュート。しかし、ここはGKアンドレス・フェルナンデスが横っ飛びでセーブし、なんとかCKに逃れた。

 その後もレアル・マドリードの攻勢が続く。57分、モドリッチがエリア手前でボールを持つと、エリア内でフリーになったベンゼマへスルーパス。ベンゼマがGKと一対一となり右足シュートを放ったが、ここはGKフェルナンデスがビッグセーブで追加点を許さなかった。

 すると60分、グラナダがワンチャンスをものにする。中盤でルベン・ロチーナがモドリッチからボールを奪うと、一気にカウンターへ持ち込む。ロチーナは右を走る途中出場のユセフ・エル・アラビへラストパスを出すと、エル・アラビは飛び出してきたK・ナバスの股下を抜くシュートを決め、グラナダが同点に追いついた。

 レアル・マドリードは61分にJ・ロドリゲスを下げ、ヘセ・ロドリゲスを投入した。

 その後もグラナダがやや押し気味に試合を進める。71分に右CKを獲得すると、クロスボールがゴール前で混戦を生み、最後はエル・アラビが右足シュート。ボールはゴール右下に決まったが、またしてもオフサイドの判定でゴールとはならなかった。

 ここで両チームともに交代カードを切る。グラナダは77分にフランシスコ・リコを下げ、レネ・クルヒンを投入。レアル・マドリードは78分にイスコを下げてマテオ・コヴァチッチを入れた。

 試合終盤に突入した85分、レアル・マドリードにビッグプレーが飛び出す。エリア手前左でボールを持ったコヴァチッチが中央のモドリッチへパス。モドリッチが思い切り良く右足を振りぬくと、無回転のボールがゴール左上に決まり、レアル・マドリードが勝ち越しに成功した。

 このままレアル・マドリードが2-1でグラナダを下し、2連勝を飾った。レアル・マドリードはこれで2位アトレティコ・マドリードとの勝点差を1のまま保った。

 次節、グラナダは敵地でレアル・ソシエダと、レアル・マドリードはホームでアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
グラナダ 1-2 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 30分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
1-1 60分 ユセフ・エル・アラビ(グラナダ)
1-2 85分 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
10pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
ビルバオ
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
ローマ
10pt
欧州順位をもっと見る