サッカーゲームキングジャック6月号
2016.02.07

“BBC”の得点力がビッグクラブ並み?…欧州98チームで6番目のゴール数

ST ALBANS, ENGLAND - JANUARY 16: of Arsenal during a training session at London Colney on January 16, 2016 in St Albans, England. (Photo by Stuart MacFarlane/Arsenal FC via Getty Images)
レアル・マドリードの“BBC”(左からベンゼマ、ベイル、C・ロナウド) [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFギャレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”トリオが今シーズンのリーグ戦で挙げたゴール数を上回るチームは、欧州の主要な5つのリーグ(リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン)に所属する全98クラブでわずか5クラブしかないことがわかった。5日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズンのリーガ・エスパニョーラでベンゼマが18得点、ベイルが13得点、C・ロナウドが19得点を挙げており、“BBC”合計で50ゴール。これを超えるクラブはレアル・マドリード、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、日本代表MF香川真司が所属するドルトムント、ナポリの5チームしか存在しない。

 また、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの3トップ“MSN”は合計で47ゴールを挙げており、上記の5チームにバイエルンを含めた6クラブに次いで得点を挙げている。

 “MSN”に次いで得点を挙げているトリオは、パリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの3人で合計39得点。ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、ドイツ代表MFマルコ・ロイス、アルジェリア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの3人、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ、ドイツ代表FWトーマス・ミュラー、オランダ代表FWアリエン・ロッベンの3人はそれぞれ36ゴールをマークしている。

 “BBC”と“MSN”の得点数をリーグ戦以外も合わせた公式戦で比較すると、“BBC”が65得点でレアル・マドリードの総得点数86の75.6パーセントを占めている。“MSN”は公式戦80ゴールを挙げており、バルセロナの総得点数105の76.2パーセントを3人でマークしている計算になる。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る