2016.02.06

レアルMFハメスの体脂肪率は理想的…チームで5番目に低い数値を記録

J・ロドリゲス
レアル・マドリードでプレーするMFハメス・ロドリゲス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、チームで5番目に低い体脂肪率を記録した。5日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 一部報道で体脂肪率が高過ぎると指摘されていたJ・ロドリゲス。だが、同紙によると1月の後半にクラブが実施したメディカルチェックで、同選手は9.47パーセントを記録。これはチームで5番目に低い数値だったという。

 一般的にサッカー選手の体脂肪率は9から10パーセントが理想的と言われている。“太り過ぎ報道”について「皆が僕を疑ったり、太って見えると言ってくるのには、本当にうんざりだ」と憤りを露わにしていたJ・ロドリゲスだが、理想的な数値を叩き出し、しっかりと調整できていることを証明した。

欧州順位ランキング

チェルシー
60pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
50pt
ライプツィヒ
45pt
ドルトムント
37pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
バルセロナ
51pt
セビージャ
49pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る