2016.02.04

メッシ倒して退場のF・ルイスに3試合出場停止処分…クラブは異議唱える

メッシ(手前)と競り合うF・ルイス(奥) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは3日、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスがリーガ・エスパニョーラ3試合の出場停止処分になることを通達された。3日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 1月30日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節バルセロナ戦で、F・ルイスはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのひざを足裏で蹴ったとして、一発退場を命じられていた。このプレーの処分が言い渡され、リーグ戦3試合の出場停止に決定している。

 この処分に対しアトレティコ・マドリードは、同様のファウルを犯した選手に対する処分が過去の例では1試合の出場停止であったことを指摘し、異議を申し立てることを明らかにした。

 また、アトレティコ・マドリードのスポーツディレクターは「フィリペ・ルイスは暴力的な選手とは程遠い、実績あるプレーヤー。ボールを奪おうと足を出し、ボールに触れた後に意図せずにメッシの足にぶつかってしまったんだ」と弁明し、処分の撤回を求めた。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る