2016.01.28

ホームで敗れたアトレティコ、国王杯敗退…セルタが準決勝進出

試合後に喜びを爆発させるセルタの選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝セカンドレグが27日に行われ、アトレティコ・マドリードとセルタが対戦した。

 20日に行われたファーストレグは0-0の引き分けに終わった。準決勝進出を懸けたセカンドレグ、ホームのアトレティコ・マドリードは3日前のリーガ・エスパニョーラ第21節セビージャ戦から先発3選手を変更。スペイン人GKミゲル・アンヘル・モヤとウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス、ベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコが先発メンバーに名を連ねた。一方のセルタは、0-3で敗れた23日のラージョ戦から8選手もの変更を加えてアウェーゲームに臨んだ。

 均衡を破ったのはアウェーのセルタだった。22分、左CKをショートコーナーで始めると、クロスボールにパブロ・エルナンデスが反応。ファーサイドから打点の高いヘディングシュートを決め、先制に成功した。

 ホームで先手を取られたアトレティコ・マドリードも、7分後に反撃。29分、カラスコがペナルティーエリア左手前からミドルシュートを放つと、相手GKが弾いたところへアントワーヌ・グリエスマンが詰め、右足シュートを決めた。アトレティコ・マドリードが同点に追いつき、前半は1-1で終了した。

 1-1で迎えた後半、またも先手を取ったのはセルタだった。56分、敵陣でボールを奪うと、ヨン・グイデッティがペナルティーエリア手前から強烈なミドルシュートでゴールネットを揺らした。さらに64分には、右サイドからのクロスにP・エルナンデスが頭で合わせ、自身2点目。セルタが3-1とリードを広げた。

 ホームで2点ビハインドを負い、攻めるしかないアトレティコ・マドリード。しかし74分、コケがレッドカードを受け、数的不利に陥ってしまう。81分にアンヘル・コレアが1点を返したが、反撃はここまでだった。

 試合は3-2で終了。セルタがアウェーで競り勝ち、2試合合計スコア3-2で準決勝進出を決めた。ホームで敗れたアトレティコ・マドリードはベスト8敗退となった。

 なお、アトレティコ・マドリードは次戦、30日のリーガ・エスパニョーラ第22節でバルセロナとアウェーで対戦。セルタは31日、ラス・パルマスと対戦する。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 2-3(2試合合計:2-3) セルタ

【得点者】
0-1 22分 パブロ・エルナンデス(セルタ)
1-1 29分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)
1-2 56分 ヨン・グイデッティ(セルタ)
1-3 64分 パブロ・エルナンデス(セルタ)
2-3 81分 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る