2016.01.26

仏代表FWグリエスマン、渦中の同胞2人に言及「ユーロ出場を望んでいる」

フランス代表でプレーするグリエスマン(上)とベンゼマ(下) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンが、6月に開幕するユーロ2016を戦うメンバーについて言及した。25日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズンのリーガ・エスパニョーラで全21試合に出場し、チームトップの12得点を挙げているグリエスマン。フランスメディア『テレフット』のインタビューに応じ、「アトレティコ・マドリードにいれて幸せだよ。ここでタイトルを獲得したい野望がある。僕の目標はこのクラブでトロフィーを勝ち取ることなんだ」と話し、タイトル獲得への思いを明かした。

 レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマは現在、リヨンに所属する同代表MFマテュー・ヴァルブエナを“セックステープ”をもとに恐喝した事件に関与した疑いがかけられている。先月10日にはFFF(フランスサッカー連盟)がベンゼマの招集を事件解決まで見送ると明言しており、今年母国で開催されるユーロ2016への出場も危ぶまれている状況。昨年11月に行われた国際親善試合のフランス代表メンバーから、ヴァルブエナとベンゼマはともに落選している。

 グリエスマンは渦中の2人についても言及し、「僕はベンゼマとヴァルブエナもユーロに出場してほしいと望んでいるよ。もし実現しなくても、ジルーやガメイロといった世界的なストライカーがいるけどね」と、ベンゼマとヴァルブエナが母国開催のユーロ本大会に出場できることを願った。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る