2016.01.21

メッシのパスポートを撮影した警官が懲役刑へ…プライバシー侵害の容疑

メッシ
被害にあったバルセロナのメッシ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのパスポートを撮影した警官に懲役刑が科される可能性が浮上した。20日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 先月ドバイで行われた第7回グローブ・サッカー・アワード2015の授賞式で最優秀選手に選ばれたメッシ。同式典に出席するためにUAE(アラブ首長国連邦)を訪れたメッシは、ドバイ国際空港を利用していたが、そこで事件が発生した。同空港で働く警官がメッシのパスポートを撮影し、自身のSNS上に発信。個人情報が流出したという。

 これを知ったドバイ警察署は、プライバシー侵害の罪で同警官を告発した。6カ月の懲役刑と50万ディルハム(約1550万円)の罪に問われる可能性があるという。

 同警官は、「私がパスポートコントロールデスクに行くと、メッシのパスポートが置いてあった。私はそれを持ってビデオで撮影した」と容疑を認めており、間違った行為をしたことを反省しているという。

 世界中にファンが存在するメッシ。注目が集まる分、こうしたトラブルも絶えない。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る