2016.01.19

リーグ戦2試合連発の乾を現地紙が称賛「物凄いスピードで切り開いた」

乾貴士
グラナダ戦で先制点を挙げたMF乾貴士 [写真]=ムツ カワモリ
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節でグラナダと対戦し、5-1の勝利を収めた。

 3試合連続の先発出場を果たした乾は35分、MFケコが右サイドから上げたアーリークロスに角度のない所から左足でボレーシュートを放ち、リーグ戦2試合連続の先制点を挙げた。その後もエイバルは得点を積み重ね、5-1で快勝。乾は72分までプレーした。

 スペイン紙『マルカ』は、同試合の採点を発表。左MFで先発出場を果たし、先制ゴールを挙げた乾を「物凄いスピードでサイドを切り開いた」と称賛し、「7.5」(10点満点)をつけた。

 エイバルの最高点は、2得点をマークしたFWセルジ・エンリク、同じく2ゴールをマークしたFWボルハ・バストン、フル出場を果たしたケコの「8.5」。一方、GKアシエル・リエスゴにチーム最低点となる「5」がつけられた。

 エイバルは次節、24日にアスレティック・ビルバオと敵地で対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
55pt
アーセナル
47pt
トッテナム
46pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
39pt
ホッフェンハイム
31pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
42pt
バルセロナ
41pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
ローマ
47pt
ナポリ
44pt
欧州順位をもっと見る