2016.01.17

レアルへの処分が“追い風”に…バルサ、今夏に大型補強を画策か

ポグバ、ヴェラッティ、ザネ
バルサの補強候補と報じられたポグバとヴェラッティ、ザネ(左から) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナが、今夏の移籍市場で大型補強に乗り出す可能性がある。スペイン紙『スポルト』が16日に報じた。

 同紙は、FIFA(国際サッカー連盟)が14日、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードに罰金と補強禁止の処分を言い渡したことが、バルセロナにとって“追い風”になると報道。マドリードの2クラブは18歳以下の選手の国際移籍に複数のルール違反があったとして、今夏と来冬の2度にわたり、移籍市場での選手補強禁止処分を課されている。

 同国のライバル2クラブが補強禁止処分を受ける中、今冬の移籍市場で同処分が解けて補強可能となり「1年間、補強なしでシーズンを過ごすことの難しさを知る」バルセロナが今夏、大型補強に乗り出すと伝えられている。

 同紙がバルセロナの補強ターゲットとして挙げているのは、ユヴェントス所属のフランス代表MFポール・ポグバ、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ、そして日本代表DF内田篤人のシャルケに所属するU-21ドイツ代表MFレロイ・ザネの3人。ヴェラッティに関しては、移籍金7000万ユーロ(約89億8000万円)での取引が報じられている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る