2016.01.14

FIFA、レアルとアトレティコに補強禁止処分…バルサと同じ未成年の移籍違反

FIFAはレアルとアトレティコに補強禁止を言い渡した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は14日、18歳以下の選手の移籍に関してルール違反を犯したとしてアトレティコ・マドリードとレアル・マドリードに、移籍市場での活動禁止処分を言い渡したと、公式サイト『FIFA.com』で発表した。

 アトレティコ・マドリードは2007年から2014年までに登録された選手を対象とした調査において、また同じくレアル・マドリードは2005年から2014年までを対象した調査において、18歳以下の選手の国際移籍に複数のルール違反があったという。

 両チームには2016年夏と2017年冬の2度にわたる補強活動禁止の処分が言い渡された。処分期間中に選手獲得は可能だが、登録ができないため、公式戦での起用は不可能となる。さらにアトレティコ・マドリードに90万スイスフラン(約1億円)、レアル・マドリードに36万スイスフラン(約4200万円)の罰金が科されている。なお、処分の正式決定まで90日の猶予があるという。

 バルセロナも同様の理由で、2015年の冬と夏を対象に補強禁止処分が下され、今冬の移籍市場で解禁となっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る