2016.01.03

メッシら新年初戦で決めきれず…バルサ、今季リーガで初の無得点

メッシ
バルセロナは2016年初戦をスコアレスドローで終えた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは、2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節でエスパニョールと対戦し、0-0の引き分けに終わった。ルイス・エンリケ監督率いるチームは、リーガで今シーズン初めて無得点でゲームを終えた。スペイン紙『スポルト』が伝えている。

 バルセロナが今シーズン無得点で終えた公式戦はこれで3試合目となる。ひとつはスーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグ、アスレティック・ビルバオ戦で0-4の敗戦。もう1試合はコパ・デル・レイ4回戦ファーストレグのビジャノベンセ戦で0-0のドローに終わった。

 同クラブはリーガで第17節までに40ゴールを決めて、1試合平均2.3得点、38.3分に1ゴールという結果を残している。エスパニョール戦ではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのフリーキックや、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのシュートがポストに嫌われるなど多くの決定機をつくったが、ゴールを奪うことはできなかった。

 バルセロナは、6日にコパ・デル・レイ5回戦ファーストレグで再びエスパニョールと対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る