2016.01.01

C・ロナウド、今季初の失敗も2度目でクラブ最多のリーガPK50得点

C・ロナウド
ソシエダ戦で2ゴールを挙げたC・ロナウド [写真]=Power Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、12月30日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節のレアル・ソシエダ戦で、2本手にしたPKの内、1本を失敗した。同選手にとって、今シーズン初めてのPK失敗となった。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 試合は、23分にPKを失敗したC・ロナウドが42分に2度目のPKを成功させて、レアル・マドリードが先制する。後半立ち上がりに同点とされるが、67分にC・ロナウドがボレーシュートを突き刺し逆転。2ゴールを挙げた同選手は、リーガでの通算得点記録を240に伸ばした。さらに終盤の86分には、途中出場のスペイン人FWルーカス・バスケスがダメ押しゴールを決めて、レアル・マドリードが3-1で2015年最後の試合を勝利で締めくくった。

 C・ロナウドにとって、レアル・マドリードでのPK失敗は6度目となる。元スペイン代表MFのミチェル氏と並び同クラブの歴史において、最もPKを失敗した選手2位となった。ちなみに最もPKを失敗しているのは、元メキシコ代表FWのウーゴ・サンチェス氏で9本だ。

 C・ロナウドはレアル・ソシエダ戦で1本目のPKを失敗したが、2本目は成功させた。このゴールは、リーガにおいてPKで決めた50得点目だった。同選手はレアル・マドリードで史上最もPKを成功させており、2番目にPKを成功させているH・サンチェス氏は35得点を記録している。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る