2015.10.09

スペイン税務局、脱税疑惑のメッシに禁錮22カ月を求刑…総額5億円超か

メッシ
バルセロナに所属するメッシ [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペイン税務局は8日、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、脱税の疑いで22カ月の禁錮刑を求刑したことが明らかになった。イギリスメディア『BBC』など各メディアが報じている。

 2013年6月、メッシは父親のホルヘ・メッシ氏とともに、2007年から2009年までの3年間に渡って所得税を脱税したとして、スペイン税務局に告発された。報道によると、脱税額は3年間の合計で400万ユーロ(約5億2000万円)を超えるという。メッシは課税回避の目的で、肖像権収入をベリーズやウルグアイなど租税回避地(タックス・ヘイブン)の企業に譲渡したように見せかけ、不正な納税申告をしたと伝えられていた。なお、未払いだった税金は2013年8月に全額納税されている。

 この一件で同選手は、経営管理をすべて父親のホルヘ氏に任せていると主張し、昨年6月には検察官が審理対象をホルヘ氏に絞ることを訴えていたが、裁判官によって棄却されている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る