2015.08.18

グリエスマンの契約解除金、クラブ史上最高額の110億円に引き上げか

グリエスマン
1日、サガン鳥栖との親善試合に出場したグリエスマン [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードが、クラブに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンの契約解除金を引き上げたことが明らかになった。17日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、6500万ユーロ(約89億5000万円)だったグリエスマンの契約解除金は8000万ユーロ(約110億円)となり、アトレティコ・マドリード史上最高額を更新したという。

 現在24歳の同選手は、昨夏レアル・ソシエダから完全移籍で加入すると、初年度からチーム最多の22得点を記録。リーガ・エスパニョーラでは、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ得点ランキング3位に輝いた。

 なお契約期間は以前と変わらず、2020年までとなっている模様。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る