2015.07.21

17歳当時のツイートが原因? スペイン1部で若手選手の移籍が破談に

デポルティーボ
昨シーズンを戦ったデポルティーボ・イレブン [写真]=Getty Images

 スペイン1部リーグのデポルティーボは、20日付である声明を発表した。

 デポルティーボとの契約にサインしたフリオ・レイ・アバロについて、数年前にSNS上で発したコメントを分析した結果、この契約を完了しないことにしたというもの。そして、「青と白のこのユニフォームはスポーツマンシップがあり、相手をリスペクトする選手が着るべき」などとも伝えている。

 どうやら数年前のツイートが問題視され、移籍が破談になったということらしい。現地スペインメディアによれば、2012年当時17歳だったというレイはTwitter上で「Puta Depor, puta Riazor」というツイートをしていたという。

 スペイン語でPutaは侮辱的な言葉である。このツイートはデポルティーボとバルセロナがリアソールで対戦し、バルセロナが5-4で勝利した後に発信されたものだと見られている。なんでもレイは20日に移籍が決まったばかりで、24時間も経たないうちの撤回だったようだ。なお、レイのアカウントはすでに削除されている。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る