EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2015.03.12

スアレスが南アW杯ガーナ戦のハンド事件を回顧「選手としてできることをしたまで」

スアレス
2010年W杯準々決勝ガーナ戦、スアレスはピンチをハンドで防ぎ退場となった [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの幼少時代からバルセロナ移籍までの半生をづづられた初の自伝『理由』(株式会社ソル・メディア)が3月12日に発売された。本書では、スアレスのキャリアを振り返る上で避けて通れない、数々の騒動について本人が説明している。

 2010年ワールドカップ準々決勝ガーナ戦、スアレスはペナルティーエリア内でのピンチを意図的に手で防ぎウルグアイのゴールを死守。当然、主審から退場を命じられ、ガーナにPKが与えられた。

 当時の状況を振り返りスアレスは、「最初は、目の前にいた味方の影になって『誰にも見られなかった』と思った。でも、主審の笛が鳴った。すると今度は別の考えが頭に浮かんだ。真横にいたホルヘ・フシレは、俺に似ているとまでは言えなかったけど、同じ黒髪で、同じくゴールライン上にいて、しかもこの試合中にすでにイエローを1枚もらっていたから、チームが勝っても警告累積で準決勝には出場できないことが決まっていた。そこで、主審の方を向いて、自分ではなく彼のファウルだと合図をしてみた。しかし、苦肉の策も主審には通じず、俺の目にレッドカードが飛び込んできた(本文抜粋)」と記している。

 ガーナはスアレスのハンドで得たPKを失敗。その後、ウルグアイは、PK戦を制して準決勝に駒を進めた。

 結果的にチームを救う格好となったスアレスは「ガーナ代表には気の毒だったと思ってはいても、その責任を俺が感じる必要はない。実際には誰の責任でもないのだから。自分がPKを蹴る立場で、しかも失敗していたとしたら責任を感じていたとは思う。あるいは、審判が俺のハンドを見逃してガーナにPKが与えられず、自分は退場にもなっていなかったとしたら心が痛んだに違いない。でも実際には、ゴールを阻止するために、その場にいた選手としてできることをしたまでだ。それを見ていた主審も俺を退場処分にして然るべき措置を取った。やるべきことができなかったのは、PKを外したギャン(ガーナ代表)だけだ本文抜粋)」と、自身の見解を述べている。

『理由』の中では、他にも三度の噛みつき、ダイブ、人種差別発言など、スアレスが自身の価値観を告白。“誰もが認めるワールドクラスの選手が、なぜ地位や名誉を傷つける行為を繰り返すのか言及されている。

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る