2014.12.21

レアルがクラブW杯初制覇…公式戦22連勝を収めて世界王者に輝く

レアル・マドリード
クラブW杯制覇を成し遂げたレアル・マドリード [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFAクラブ・ワールドカップ決勝が20日に行われ、欧州王者のレアル・マドリードと、南米王者のサン・ロレンソが対戦した。
 
 ともに初優勝を目指して臨んだ一戦は、レアル・マドリードが主導権を握った。1分、相手陣内でトニ・クロースがボールを奪うと、パスを受けた左のクリスティアーノ・ロナウドが中央へ折り返す。しかし、カリム・ベンゼマにはわずかにとどかず、得点には結びつかなかった。

 さらに5分、レアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウドがFKからゴールを狙う。ボールはGKセバスティアン・トリコの正面に飛んだが、序盤から相手を押し込んだ。

 一方、サン・ロレンソはマルティン・カウテルッシオを軸にカウンターを狙うものの、なかなかシュートまで持ち込めない。レアル・マドリードがボールを保持する展開が続いた。

 すると37分に試合が動く。トニ・クロースのCKに飛び込んだセルヒオ・ラモスがヘディングシュートを放つ。攻め込みながらも得点を奪えなかったレアル・マドリードに待望の先制ゴールが生まれた。

 前半終了間際にマルセロが負傷するアクシデントが発生したレアル・マドリードは、迎えた後半もサン・ロレンソを押し込む。すると51分、イスコからの縦パスを受けたガレス・ベイルが左足でシュートを決めて、追加点を手にした。

 2点のリードを許したサン・ロレンソも54分、ペナルティーエリア手前からエンソ・カリンスキが、さらに66分にはエマヌエル・マスがシュートを放ったが、ゴールを奪うことはできなかった。

 対するレアル・マドリードは73分、右サイドからベイルが上げたクロスにベンゼマが飛び込む。シュートは枠を外れたものの、効果的な攻撃を仕掛けた。

 終盤は、サン・ロレンソのカリンスキやフアン・メルシエルのシュートがレアル・マドリードのゴールを襲うが、イケル・カシージャスの好セーブで得点は生まれず。試合はこのまま終了を迎え、レアル・マドリードが2-0で勝利。南米王者を破り、公式戦22連勝を収めて初のクラブ・ワールドカップ制覇を成し遂げた。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 サン・ロレンソ

【得点者】
1-0 37分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
2-0 51分 ガレス・ベイル(レアル・マドリード)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング