2014.10.26

スアレス、バルサデビュー飾るもクラシコ敗戦で「ビタースイート」

スアレス
バルセロナデビューを果たしたスアレス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第9節が25日に行われ、バルセロナはレアル・マドリードとの“クラシコ”で1-3の敗戦を喫した。クラブデビューを果たしたバルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、同試合を振り返った。スペイン紙『アス』が報じている。

 ブラジル・ワールドカップで噛み付き行為を行ったスアレスは、4カ月の出場停止が明けた25日に、アウェイでのレアル・マドリード戦に先発出場で復帰した。しかし1-3と追いかける展開の中、69分にスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスと交代でピッチに下がっている。

 バルセロナでのデビュー戦を振り返ったスアレスは、約4カ月振りとなった公式戦でのプレーに満足感を示すも、結果はほろ苦いものになったと明かした。

「まずはプレーできたことに満足している。これで一安心できたよ。出場停止が明けてとてもうれしい気持ちだ。ただ、試合結果を考えるとビタースイートな感覚だね。でもチームは点を奪いに行く姿勢を見せた」

「クラシコは難しい戦いになる。でもそこで戦うために僕はここに来た。最初は誰だって難しいものだと思っているし、これがフットボールだと感じている。今日は彼らのカウンターに苦しめられたね。あれが彼らの武器だ」

 バルセロナは次節、11月1日にホームでセルタと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る