2014.09.03

レアル、早くも来夏の獲得候補ドイツ代表MFロイスを確保か

マルコ・ロイス
来夏のレアル・マドリード移籍が噂されるドルトムントMFロイス [写真]=Bongarts/Getty Images

 3日、レアル・マドリードが来シーズンの補強に向けて、MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス獲得へ動いていることが判明した。同日付のスペイン紙『エル・コンフィデンシアル』が報じている。

 けがによりブラジル・ワールドカップの出場は叶わなかったロイスだが、2011年以降の活躍によって今夏もバイエルン、バルセロナ、マンチェスター・Uなど数多くのビッグクラブが獲得を目指していた。結局残留となったが、将来の移籍の可能性は増すばかりだ。

 同紙によるとレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、2014年4月、同クラブからドルトムントへ完全移籍をしたトルコ代表MFヌリ・シャヒンについての交渉の席で、ドルトムントのラインハルト・ラウバル会長にロイスのことを尋ねていた。ラウバル会長は2015年まではロイスは移籍しないことを伝えたが、ペレス会長はここでその後の移籍を約束させたという。

 ただしペレス会長は、すぐさま正式契約を結ぶつもりもないようだ。何故なら、契約を結んだ後に大けがに遭うことを恐れているからだ。実際に今夏、モナコへの移籍が決定的とされていた元バルセロナGKビクトール・バルデスは、メディカルチェックの問題で移籍が破談になった。そのためペレス会長は書類にサインすることに慎重になっている。

 今夏もコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ドイツ代表MFトニ・クロースら大型補強を行ったレアル・マドリード。来夏も移籍市場をにぎわすのか、早くも注目される。

欧州順位ランキング

チェルシー
63pt
トッテナム
53pt
マンチェスター・C
52pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
53pt
ライプツィヒ
48pt
ドルトムント
40pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
55pt
バルセロナ
54pt
セビージャ
52pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ローマ
59pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る