2013.10.10

バルサがドイツ代表FWクローゼ獲得を検討か…ラーションの再現狙う

クローゼ
バルセロナが獲得に動くと報じられたクローゼ [写真]=Bongarts/Getty Images

 大手メディア『ユーロスポーツ』スペイン版は9日、バルセロナが来年1月の移籍市場でラツィオに所属するドイツ代表FWミロスラフ・クローゼの獲得に動くと報じた。

 同メディアによれば、バルセロナを率いるヘラルド・マルティーノ監督は、冬の移籍市場でベテランのセンターバックとストライカーの獲得を最優先に考えている模様。2004年に33歳でバルセロナに加入し、在籍2年間でリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献した元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーション氏のような役割が期待できる選手として、35歳のクローゼが候補に挙っていると伝えられた。

 クローゼは昨シーズンのセリエAで29試合出場15ゴールの記録を残しており、ドイツ代表にも名を連ねている。現在は負傷により戦列を離れているが、決定力は未だ錆び付いていない。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る