2013.07.16

レアル新戦力のイジャラメンディ「X・アロンソから多くを学びたい」

イジャラメンディ
同じレアル・ソシエダ出身のシャビ・アロンソへの敬意を語ったイジャラメンディ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは13日、レアル・ソシエダから6年契約で獲得したU‐21スペイン代表MFアシエル・イジャラメンディの入団発表を、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行った。

 レアル・ソシエダとイジャラメンディとの間で定められていた契約解除のための違約金である3000万ユーロ(約39億円)に付加価値税を加えた総額3895万ユーロ(約50億6000万円)を支出してまで、レアル・マドリードがこだわったこの移籍。スペイン人選手としてクラブ史上最高額でレアル・マドリードに加入することになったイジャラメンディは、移籍成立の流れに驚きを見せながらも、初心を忘れないとの姿勢を示した。

「今日は自分にとって特別な日だ。まずは、僕に賭けてくれた会長にお礼の気持ちを伝えたい。レアル・マドリードに加入するというのは偉業だ。数日前までは、レアル・ソシエダ以外のユニフォームを着るとは想像していなかった。小さな村から出てきた僕が、このような一連の出来事を目の前にして思うのは、自分の人生は間違いなく大きく変わるということだ。しかし、僕自身は変わりやしない。今後も謙虚な気持ちを忘れずに、ハードワークを続けていくつもりだ」

 イジャラメンディはまた、長年過ごしてきたレアル・ソシエダへの強い思いを披露している。

「これは簡単な決断ではなかった。子供の頃から12年間過ごした“ラ・レアル”(レアル・ソシエダの愛称)では、数え切れないほど良い思いをしてきた。愛情を注ぎ続けてくれたクラブとサポーターには感謝で一杯だ」

 一方、自身の憧れでもあるスペイン代表MFシャビ・アロンソとチームメートになったことについて、イジャラメンディは共にピッチに立てることを熱望した。

「シャビ・アロンソは偉大な選手だ。“ラ・レアル”出身ということもあり、僕にとっては指針となる存在だ。彼の横でプレーすることで、多くを学びたい」

 とはいえ、そのシャビ・アロンソもポジションを争うライバルとなるイジャラメンディ。周囲に惑わされず地に足を付けて練習や試合に臨むことが、レギュラー獲得に繋がるとの分析を示している。

「レアル・マドリードでは、素晴らしい選手が全てのポジションに揃っている。だが、僕は僕でしかなく、誰とも似ている訳ではない。自分は毎日の練習に全力で取り組むことで、日々向上することを目指すタイプだ。また、ピッチ上でも全身全霊で持てる力を出し尽くす選手でもある。自分の意思に反して好不調の波が訪れるかも知れないが、常にしっかりとした姿勢で最善のプレーを心掛けたい」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング