2012.10.09

C・ロナウド、レアル史上初のクラシコ6戦連発の快挙

クラブ史上初となる”クラシコ”6戦連発を達成したC・ロナウド

 7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節のバルセロナ対レアル・マドリード戦(△2-2)で、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、2ゴールをマーク。“クラシコ”で6試合連続して得点を挙げた史上初の選手となった。クラブの公式HPが伝えている。

 これまでは、5試合連続で元チリ代表FWイバン・サモラーノと肩を並べていたが、今回の試合でC・ロナウドが新記録を樹立。また、カンプ・ノウで1試合2得点をマークした10人目のレアルの選手となっている。

 さらには、リーガ通算得点を120得点とし、レアル・マドリードのリーガ歴代得点ランキングでは9位にランクイン。なお、1位はアル・サッド(カタール)に所属する元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスの228得点となっている。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る