FOLLOW US

クロップ監督、ファビーニョの次戦欠場を明言「週末は休む。おそらくは…」

クロップ(右)がファビーニョ(左)の状態に言及 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、ブラジル代表MFファビーニョの状態に言及した。30日、リヴァプールのクラブ公式HPが伝えた。

 ファビーニョは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のミッティラン戦に先発出場したが、ハムストリングを痛め30分に交代を強いられた。クロップ監督は試合後、同選手がハムストリングに違和感を覚えたことを認めていた。

 31日に行われるプレミアリーグ第7節のウェストハム戦を前に会見を行なったクロップ監督は、同試合にファビーニョが欠場することを明言。「ファブ(同選手の愛称)はいない。それは明らかだ。彼は軽傷を抱えていて、週末(ウェストハム戦)は休むことになる。おそらくは、(復帰まで)もう少しかかるかもしれない」と語った。

 クロップ監督は、ミッティラン戦のハーフタイムに途中交代でベンチに下がっていたイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの状態にも言及。「彼にフィットネスの問題はないよ」と同選手に問題がないことを明かした。さらに次のようにも語り、主将の交代は過密日程を乗り切るための策だと説明した

「適切な言葉を使うならば(交代ではなく)“責任”かな。選手がプレーした試合数を数えることはできるし、この期間を乗り越えないとね。スケジュールを見れば、10月や11月がまるでいつもの12月のようだ。そして12月はいつも通りの12月だ。毎年12月の最も忙しいスケジュールの激しさだね。だけど、私たちはすでにその中に突入しているわけだし、(ヘンダーソンのような)決断を下さなければならない。選手たちも戦う準備はできている」

 リヴァプールはファビーニョのほかにも、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクやカメルーン代表DFジョエル・マティプらが負傷者リストに名を連ねている。ウェストハム戦後も連戦が続き、11月3日にはCLのアタランタ戦、8日にはリーグのマンチェスター・C戦が控えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA