FOLLOW US

ファン・ダイク、全試合フル出場での優勝は史上5人目の快挙…パス本数でも今季1位に

今季全試合フル出場を果たしたファン・ダイク [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが、今シーズンを振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 リヴァプールは今シーズンのプレミアリーグで開幕8連勝を飾るなど、首位を独走。新型コロナウイルスの影響で中断もあったが、6月25日に行われた第31節で2位マンチェスター・Cがチェルシーに敗れたことで、リヴァプールの30年ぶり19回目となる優勝が決まった。7試合を残してのリーグ制覇は史上最速記録となった。

 センターバックの要であるファン・ダイクは今シーズンのリーグ戦全38試合にフル出場して優勝に貢献。データサイト『OPTA』によると、GK以外でリーグ戦全試合にフル出場して優勝を果たしたのは、1992-93シーズンのガリー・パリスター氏(マンチェスター・U)、14-15シーズンのジョン・テリー氏(チェルシー)、15-16シーズンのウェズ・モーガン(レスター)、16-17シーズンのセサル・アスピリクエタ(チェルシー)に続いて、プレミア史上5人目の快挙となった。

 また、イギリスメディア『BT Sport』によると、ファン・ダイクは今シーズンのリーグ戦で3257本のパス本数を記録。2579本で2位となったロドリ(マンチェスター・C)を約700本も上回ったことが明らかとなっている。

 シーズンを通してイエローカードはわずか1枚でレッドカードは0枚。負傷離脱がなかったことと同時に出場停止による欠場もなく、組み立てでも優勝に貢献したファン・ダイクは、「(全試合フル出場を)本当に誇りに思っている」と喜びを語った。

「当然のこととは思っていないよ。自分自身をフィットさせ続けることは簡単なことではないからね。そして、可能な限り最高な状態を保つためには少し幸運である必要もある。信じられないような気持ちだ。おそらく2年連続で38試合に出場しているから本当に誇りに思っているし、これを続けていきたい」

 また、今シーズンの個人的なハイライトについて聞かれると、「プレミアリーグ優勝だね。僕にとってもみんなにとっても大きな夢だった」と明かしたファン・ダイク。来シーズンへの意気込みについても次のように語った。

「来シーズンはもっと難しくなると思う。どのチームも僕らに勝とうとしてくるだろうからね。それでも、どの試合にも集中して、今シーズンのように一貫性を保ちたい。また新しい挑戦が始まるが、みんなそれを楽しみにしていると思う」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA