FOLLOW US

マンC、アグエロと契約延長を目指す…契約終了後には母国帰還が濃厚も

マンチェスター・Cでプレーするアグエロ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cはエースのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとの契約延長を望んでいるようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が11日に伝えている。

 アグエロとマンチェスター・Cの現行契約は2021年6月末まで。同選手側は契約期間を尊重し、満了後に9歳から所属した古巣である母国のインデペンディエンテへの復帰を望んでいるとされる。しかしマンチェスター・Cは32歳を迎えても衰えない得点力と、後継者となるはずだったブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが伸び悩んでいることを考慮。アグエロの力をもう1年間借りたいと考えて、契約延長を考慮しているという。

 プレミアリーグで歴代最多となる通算12回のハットトリックと、外国籍選手最多得点の記録を持ち、更新し続けているアグエロ。左足の負傷により、現在は離脱中だがその存在は大きいようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA