FOLLOW US

マネのレアル移籍に進展…クロップ監督に不満? 原因はバロンドールか

マネ(左)はクロップ監督(右)に不満を抱いているようだ [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネは今夏の移籍市場でレアル・マドリードに加入する模様だ。23日にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が報じている。

 マネはリヴァプールのエース格としてユルゲン・クロップ監督の下で活躍しており、今シーズンは公式戦38試合に出場して18ゴール12アシストを記録。このパフォーマンスを受け、レアル・マドリードが同選手の獲得に関心を示すようになったという。

 同誌によると、マネはクロップ監督に不満を抱いていることから、今夏の移籍市場でリヴァプール退団を検討していると伝えられている。これは昨年のバロンドール授賞式にて同監督がマネではなく、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクに投票していたことが原因だそうだ。

 マネはクロップ監督がファン・ダイクの受賞を望んでいると公表していた姿勢に不満を抱き、関係が悪化しつつあるという。昨年のバロンドール最終順位ではファン・ダイクが2位につき、マネは4位となっていた。果たして同選手は今夏の移籍市場でレアル・マドリード加入を決意するのであろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO