FOLLOW US

チェルシー、ケパの売却に備え新GKを模索中…ノイアーの動向を注視か

 チェルシーはバイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの獲得に関心を示している。28日にドイツ紙『ビルト』が報じた。

 ノイアーは2011年にシャルケからバイエルンへと移籍。絶対的な守護神としてクラブ、及び代表でも活躍してきた同選手は、世界有数のGKとして高く評価されている。

 同紙によると、スペイン代表GKケパ・アリサバラガの売却を検討しているチェルシーは、後釜としてノイアーの獲得に動くという。2021年6月に現行契約が満了する同選手の売却を、バイエルン側も承諾するという。果たしてノイアーはキャリア初のプレミア上陸を決意するのであろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA