2019.05.25

トッテナムがボーンマスからW補強? ブルックスとウィルソンに111億円を用意か

デイヴィッド・ブルックスとカラム・ウィルソン
合わせて21得点15アシストをリーグ戦で記録したブルックス(左)とウィルソン(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムボーンマスのウェールズ代表MFデイヴィッド・ブルックスとイングランド代表FWカラム・ウィルソンの獲得に関心を示しているようだ。24日にイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今夏に即戦力の獲得を含めたスカッド改革を図ると見られており、創造性に溢れチームの攻撃のバリュエーションを増やせるブルックスと、イングランド代表FWハリー・ケインの控えとしては申し分のない得点力とチャンスメイク能力を持つウィルソンをリストアップしているようだ。

 同クラブのダニエル・レヴィ会長も、ブルックスとウィルソンの獲得に合計8000万ポンド(約111億円)を費やすことを許可している模様で、なるべく早い段階で両選手がチームの一員となれるように交渉の早期決着を目指すようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング