2018.05.16

グアルディオラ監督の“育成方法”…サネとスターリングに要求したこととは?

スターリング サネ
マンC優勝に貢献したスターリング(左)とサネ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表MFラヒーム・スターリングとドイツ代表MFレロイ・サネの“育成方法”について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日付で伝えている。

 マンチェスター・Cは驚異の勝ち点「100」を記録し、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇した。スターリングとサネはグアルディオラ監督の指導を受けて、今シーズンはコンスタントに出場機会を奪取。ともに18ゴールと10ゴールをマークし、リーグ優勝に貢献した。

 監督は「彼らはもっと良くなると思ったよ」と2人の潜在能力を高く評価していた。

「あの2人は難しいプレーを簡単にできる。ドリブル、ファーストタッチ、どうやってボールを受けるか。それを的確に判断できるんだ。トレーニングでは、もっと狭いスペースでのコントロールに集中させていたから、試合中でもきちんとプレーできていたね」

「特に今シーズンのラヒームは、得点する喜びを感じたと思う。ストライカーのようにプレーして、たくさんのゴールを奪った。昨シーズン、私は彼にもっとボックスの中でプレーするように言ったんだ。その時はあまりよく思っていなかったけれど、今は全く違うね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る