2018.03.28

21歳で英代表デビュー…MFクックの祖父、約250万円の配当金をゲット

クック
イタリア戦でイングランド代表デビューを果たしたクック [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 ボーンマスのMFルイス・クックがイングランド代表デビューを飾ったことで、同選手の祖父が多大な利益を得たようだ。27日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 今シーズン、ボーンマスでプレミアリーグ23試合に出場している21歳のクックは、昨年夏に行われたU-20ワールドカップの優勝メンバー。同年11月にA代表初選出を果たしたものの、出場機会は得られなかった。

 そして今月の国際Aマッチウイークに向けて、再びA代表入りを果たしたクック。27日に行われたイタリア代表との国際親善試合で71分からピッチに立ち、念願のデビューを果たした。

 記念すべき日はクックだけでなく、同選手の祖父であるトレヴァー・バーリンガムさんにとっても、忘れることができない日になったようだ。バーリンガムさんはクックがまだ17歳だった2014年に「クックが26歳になるまでにイングランド代表デビューを果たす」という当時34倍のオッズを示した賭けに500ポンド(約7万5000円)を投じていた。今回の代表デビューによって、1万7000ポンド(約250万円)の配当金を受け取ることになったという。

 なお、過去には似た事例として、2013年にリヴァプールのMFハリー・ウィルソン(現在はハルにレンタル移籍中)がウェールズ代表デビューを果たした際に、祖父のピーター・エドワーズさんが12万5000ポンド(約1900万円)を手にしたことがあった。それに比べればやや少額ではあるものの、いずれにせよ、クックは最高の“おじいちゃん孝行”を果たすことができたようだ。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
マンチェスター・C
7pt
アーセナル
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
6pt
フライブルク
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
アトレティコ・マドリード
6pt
レアル・マドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ラツィオ
3pt
ナポリ
3pt
アタランタ
3pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング