2018.03.22

3年前のあの選手と似ている…マンU、A・サンチェスの現状を懸念

アレクシス・サンチェス
マンチェスター・Uで孤独な時間を過ごすことがあるというアレクシス・サンチェス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは今冬加入したチリ代表FWアレクシス・サンチェスの現状を懸念しているようだ。イギリスメディア『デイリー・メール』が21日に報じた。

 今冬アーセナルからマンチェスター・Uに加入し、イングランド史上最高額となる週給60万ポンド(約9000万円)を受け取るA・サンチェスは、ここまで10試合に出場し、わずか「1」ゴールにとどまっている。

 同メディアによると、A・サンチェスはクラブハウスで1人で食事をとっているようだ。まだクラブに馴染めていないようで、最近では「この移籍は間違っていたのではないか」と思い始めているいう。

 マンチェスター・Uはこのことに懸念を示しているようだ。なぜなら、この状況が、2014年夏に当時のプレミアリーグ史上最高額でレアル・マドリードから加入し、わずか1年でマンチェスター・Uを去った、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの状況に似ているからだという。

 同メディアによると、クラブ関係者も「彼はここ(マンチェスター・U)にいたくない人のように見える。うまくいかず、希望を失っている少年のように見える。この状況はディ・マリアと似ている」と語っているという。

 高額な移籍金を払ったこともあり、マンチェスター・UはA・サンチェスの現状を懸念しているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る