2017.10.13

アグエロ、交通事故で助かった理由を明かす「シートベルトを…」

セルヒオ・アグエロ
予想よりも早く練習に復帰したアグエロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、交通事故で助かった理由を明かした。12日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 アグエロは9月29日、コロンビア人歌手マルマのコンサートの帰り道にタクシーに乗車したものの、そのタクシーが空港へ向かう道中に電柱に衝突。この事故により、同選手は肋骨を折るケガを負い、戦線離脱を余儀なくされていた。

 その時の状況についてアグエロはアルゼンチンメディア『TYC Sports』で「僕は病院に着いた時、医者の人にマンチェスター・Cのために週末の試合に出場することは出来るか?と尋ねたところ、それは無理だと言われたんだ」と最初の会話を明かした。

 続けて「しばらくしてから考えてみると、シートベルトを着用していたことが助かった要因だと思う。それが今、このことを話せる理由だと思う」とシートベルトによって助けられたと語った。

 事故当初は、全治2カ月との報道もあったアグエロだが、すでに練習を再開。早期復帰に向けて取り組んでいるようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る