2017.03.20

リヴァプールのクロップ監督、白熱の上位対決は「本当に大変だったよ」

クロップ
マンC戦を振り返ったクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第29節が19日に行われ、リヴァプールは敵地でマンチェスター・Cと対戦し、1-1で引き分けた。ユルゲン・クロップ監督の試合後コメントを、リヴァプールのクラブ公式HPが伝えている。

 リヴァプールは元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーのPKで先制したものの、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロにゴールを許し、勝ち点3を逃した。クロップ監督は試合を振り返って「総括としては、ポジティブなものだった。非常に良かったよ」とコメント。手応えを感じているようだ。

 白熱した試合内容だったが、指揮を執る側としては非常に難しいものだったことも同監督は明かしている。

「おそらく、見る分にはナイスゲームだっただろう。でも、サイドラインの上では本当に大変な仕事だったよ。ピッチ上でも両チームが本当にハードワークしていたのは明らかだった」

 熾烈な上位争いについては、「我々は今なおバトルしている。向上する必要がある。今日の試合のようにね。他の全ての試合においてでも、我々は向上していかなければならないんだ」と話し、さらなる飛躍を誓った。

 次節は4月1日にホームでエヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”を戦うリヴァプール。「彼らは(順位表で)我々より後からやってくるし、本当に厳しい相手だよ。単なるダービーではなく、もう一つの非常に重要な試合だ」とクロップ監督は試合を見据え、覚悟を語っている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
88pt
ローマ
84pt
ナポリ
83pt
欧州順位をもっと見る