2016.03.28

イングランド代表GKバトランドが足首骨折…ユーロ2016出場は絶望

バトランド
ドイツ戦で負傷したイングランド代表GKバトランド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランドサッカー協会(FA)は27日、ストーク所属のGKジャック・バトランドが足首を骨折したため、イングランド代表から離脱したと、協会公式HPで発表した。

 バトランドは、26日にドイツの首都ベルリンで行われた国際親善試合のドイツ代表戦に先発出場。前半終了間際に負傷し、そのままプレーを続けるが、レアル・マドリードMFトニ・クロースに先制ゴールを許した後に続行不可能となり、担架で運び出されていた。なお、バトランドの負傷退場に伴い、サウサンプトンGKフレイザー・フォースターが途中出場。試合はイングランドが2点差をひっくり返し、3-2の大逆転勝利を収めた。

 試合後、バトランドは自身のツイッターで「検査の結果、足首を骨折したことが分かった。本当にショックだ。はやく復帰できるよう全力を尽くすよ!」と明かした。

 イギリス紙『デイリーメール』は、同選手が約3カ月の離脱を強いられる模様だと報道。さらに、手術が必要になる場合もあり、離脱期間が長引く可能性もあるという。6月10日から7月10日にかけてフランスで開催されるユーロ2016は欠場が濃厚だと伝えられている。

 イングランド代表は、マンチェスター・C所属のGKジョー・ハートがすでに負傷離脱。バトランドでGK2人目の離脱者となった。29日にホームで行われるオランダ代表戦は、フォースターの先発出場が見込まれている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る