2016.03.27

今季25発のルカク、CL出場を希望…父親はマンUかバイエルン移籍を示唆

ルカク
今季、ゴールラッシュを見せているFWルカク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが来シーズン、ビッグクラブへ移籍する意向を持っている。イギリス紙『デイリーメール』が26日に報じた。

 同紙によると、ルカクの父親であるロジャー氏がコメント。同選手が今シーズン終了後にビッグクラブへ移籍してチャンピオンズリーグでプレーする希望を持っていることを明かし、以下のように語った。

「彼に対してはアトレティコ・マドリードとバイエルン、ユヴェントス、チェルシー、マンチェスター・Uが興味を持っている。彼は準備ができているよ。彼の代理人はイタリアのクラブへの移籍を望んでいるようだ。しかし私の考えでは、彼はバイエルンかマンチェスター・Uに移籍すると思う。バイエルンは彼を機能させることができると思うが、唯一の条件はロベルト・レヴァンドフスキが移籍することだ」

 なお、ルカク本人は「それは父親の考えだね。僕には代理人がいて、交渉に当たってくれている。良い形になることを願っているよ」と話すにとどめた。

 ルカクは1993年生まれの22歳。アンデルレヒトの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格を果たした。2011年にチェルシーに移籍したが、2012年にウェスト・ブロムウィッチへレンタル移籍。翌2013年にはエヴァートンにレンタル移籍で加入し、2014年に完全移籍に移行した。今シーズンはプレミアリーグ第31節終了時点で29試合出場18ゴールを記録。キャピタル・ワン・カップとFAカップを含めると、公式戦37試合出場で25ゴールを挙げている。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
エヴァートン
14pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ライプツィヒ
12pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る