2016.03.23

降格圏に低迷のニューカッスル会長「サッカーに関わったことを後悔」

GettyImages-516677420
20日の第31節サンダーランド戦では1-1で引き分けたニューカッスル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリスでチェーン展開するスポーツ用品店「スポーツ・ダイレクト」の社長で、ニューカッスルのオーナーを務めるマイク・アシュリー会長が、同クラブの資金が底を尽きかけていることを明かした。イギリス紙『ミラー』が21日付で伝えている。

 ニューカッスルは昨夏と今冬の移籍市場で合計8000万ポンド(約127億円)という巨額の補強費を使い、大型補強を敢行した。プレミアリーグ第31節終了時点で30試合を消化し、6勝7分け17敗という成績で2部降格圏内の暫定19位に沈んでいる。 

 降格の危機に陥っているニューカッスルだが、アシュリー会長にはクラブの危機を救うための追加資金を援助する意向はないようだ。さらなる補強の必要性について尋ねられた同会長は「私が言えることは、それは銀行口座に残っている資金によるということだ。銀行口座が空になっているのに、私に金の無心をされても困るよ。資金はほとんどないんだ。私はクラブの首脳陣を任命するだけで、実質的にニューカッスルでは影響力がないからね」と答え、補強のための資金が底をついていると主張している。

 また、2007年に1億3400万ポンド(約2130億円)の出資金を払ってクラブを買収したことを後悔しているかどうか問われると、「サッカーに関わったことを後悔してるかって?その答えはイエスだ。楽しいことも多くあったが、サッカー界でやりたかったことを成し遂げることはできなかったと思う。ニューカッスルを援助したかったし、強くしたかった。しかし、私にはクラブを変える力はなかったようだ」と語っている。

 アシュリー会長はニューカッスルへのクラブ愛の欠如を指摘されることが多く、クラブへの出資に消極的な姿勢がサポーターから批判を浴びている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
セビリア
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る