2016.03.17

「心強い」ホームでEL逆転突破へ…マンUエレーラ「試練に集中する」

エレーラ
アウェーでのELリヴァプール戦に出場したエレーラ(中央)[写真]=Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uは、10日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグでリヴァプールに0-2の敗戦を喫した。しかし、スペイン人MFアンデル・エレーラは17日のセカンドレグを前に戦いは終わっていないと力強く語った。クラブ公式サイトが伝えた。

 アンフィールドでの第1戦は、ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールに大きなアドバンテージを与えてしまった。第2戦では失点を防ぐことが重要だ。アウェーゴールのルール上、もしリヴァプールに得点された場合、マンチェスター・Uが逆転して勝ち上がるには4ゴールが必要になる。だがエレーラは、昨シーズンから2年続けてリーグ戦でライバルから4勝をあげている結果から自信を持って戦い、ホーム開催が強みになると期待している。

 前日会見に出席したエレーラは、「僕がマンチェスター・Uに移籍して以降、リヴァプールにはここ5試合で4度勝っている。ホームでの2試合では、明確に僕たちの方が良いプレーをしたと思う。彼らとどうやって対戦すべきか、非常に良い具体例が揃っている」と語った。

「ホームでの試合でなら僕たちのファンも多いので、より心強い。僕個人の意見だけれど、僕たちのファンはイングランドでベストだからね。アウェーの試合でも素晴らしい応援をくれるし、ホームでは良いプレーをしようと、良くないプレーをしようとサポートしてくれる。だから彼らの存在が本当に重要なんだ」

「まずは先制点を取って、失点しないことが重要になる。数週間前にはやれていなかったチャンスを作れるからね。今は多くのクロスを上げられるし、ボックス内にも多くの選手が入っている。相手にとって非常に難しい試合にしたい。僕たちはマンチェスター・Uだ。彼らが次のラウンドに勝ち進みたいのなら、戦って勝ち取らないといけないんだよ!」

 第1戦では闘志が不十分だったのではと記者に質問されたエレーラは、語気を強めて反論している。

「僕たちは常に戦い、試合に勝ちたいと思っている。個人的には、もう1度チャンスがあると考えている。次の試練に集中しないといけない。つまり、僕たちのファンにとって最大のライバル、クラブ史上最大のライバルとの試合にね。頭にあるのはそのことだけで、大きなチャンスが目の前にある。まずは先制して、失点を防ぐ。その後に次の試合のことを考えれば良い」

 エレーラは、オールド・トラッフォードに集まるファンの重要性についても語り、ファンのために勝ちたいという気持ちを表現している。

「僕たちが勝利すれば、今後1週間が彼らにとってどういう日々になるか知っている。皆がどれだけ幸せな気持ちになるのかを理解している。彼らに幸せな気分を味わってもらいたい。そしてクラブのファンでいることを誇らしく思ってもらいたい。いつだってサポートしてくれるし、どこに行こうと大きな声援をくれるのだから。ファンの皆には恩返ししないといけない。試合に勝って、皆に良い瞬間を味わってもらうことは僕たちの夢でもあるし、目標でもある」

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る