2016.03.17

レアル&チェルシー、不調に喘ぐハメスとアザールのトレードを計画か

jameseden
トレードが噂されているJ・ロドリゲス(左)とアザール(右)[写真]=Getty Images
傑出した個のチカラと、最先端の戦術を生み出すリーガ・エスパニョーラ。16-17シーズンも3強を中心に毎節最大5試合を放送!

 イギリス紙『ザ・サン』によると、レアル・マドリード所属のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの交換トレードが計画されているとのことだ。

 J・ロドリゲスは、2014年夏に行われたブラジル・ワールドカップのゴールデンブーツ(得点王)を引っ提げてレアル・マドリードに加入すると、昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで13ゴール13アシストを記録した。だが、今シーズンは5ゴール6アシストにとどまっている。

 一方、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督がかねてから強い関心を示しているアザールは、2012年夏にチェルシーに加入して以来、毎シーズンのようにパフォーマンスを上げ、昨シーズンはプレミアリーグで14ゴール12アシストを記録した。しかし、今シーズンは未だにノーゴールに終わっているうえ、アシストも4に止まっている。

 両者ともゴールにもアシストにも優れている点で似ているうえ、J・ロドリゲスが24歳、アザールが25歳と年齢も近いことから、レアル・マドリードもチェルシーも不調に喘ぐ選手に相互で刺激を与えるトレードによりチームを活性化させる意思だという。

 思惑では一致する両チームだが、同紙によると、市場価値ではハメスが10万ポンド(約16億円)近く高い一方、年俸ではアザールが6万4000ポンド(約10億2000万円)上回っているため、この金銭面の調整が交渉成立の鍵を握るとのことだ。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
エヴァートン
14pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ライプツィヒ
12pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る