2016.03.08

好調続くFWフィルミーノ、「得点&アシスト」は2016年プレミア最多

during the UEFA Europa League Round of 32 second leg match between Liverpool and FC Augsburg at Anfield on February 25, 2016 in Liverpool, United Kingdom.
リヴァプールに所属するFWフィルミーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが、2016年に入ってからプレミアリーグで最も得点に絡んでいる選手だとわかった。7日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 現在24歳のフィルミーノは、昨夏に2900万ポンド(約46億7000万円)とみられる移籍金でホッフェンハイムからリヴァプールに加入。今シーズン序盤はなかなか得点を挙げられていなかったが、2016年に入ってからはリーグ戦9試合の出場で7得点4アシストを記録し、11ゴールを演出している。これは2016年のプレミアリーグで最多である。

 フィルミーノに続くのは、マンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ。アグエロは9ゴール1アシスト、D・コスタは6ゴール4アシストを記録している。

 2016年に入ってから好調が続くフィルミーノは6日、2018 FIFAワールドカップロシア 南米予選に臨むブラジル代表メンバーに追加招集。同代表は、25日にウルグアイ代表戦、29日にパラグアイ代表戦を控えている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る