2016.03.04

来季マンC就任のグアルディオラ監督、GKノイアーの引き抜きを画策か

ノイアー
バイエルンに所属するGKノイアー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官就任が決まっているジョゼップ・グアルディオラ監督は、現在指揮しているバイエルンからドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの引き抜きを画策していると、イギリス紙『デイリーミラー』が3日に報じた。

 今シーズン限りでバイエルンを退任するグアルディオラ監督は、来シーズンから指揮するマンチェスター・Cで、チームの大改革を計画している模様。同クラブとイングランド代表で守護神として地位を確立しているGKジョー・ハートも例外ではなく、パフォーマンス次第では、グアルディオラ監督が自身の哲学により合うノイアーの獲得に動く可能性があるという。

 現在29歳のノイアーは、今シーズンの公式戦34試合に出場し、19試合のクリーンシートに貢献。バイエルンとの契約は2019年まで残っているが、すでに契約更新の話し合いが行われており、週給30万ポンド(約4815万円)まで増加する見込みだと報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る