2016.03.03

マンU指揮官の“珍抗議”は「完璧な柔道の受け身」…ヒディンク監督が言及

ファン・ハール
倒れ込んで抗議の意を示したファン・ハール監督(手前) [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるのフース・ヒディンク監督が、2月28日のプレミアリーグ第27節アーセナル戦でマンチェスター・Uのルイ・ファン・ハール監督が見せた“珍抗議”について発言した。イギリス紙『インデペンデント』が1日付で報じている。

 マンチェスター・Uは27日、アーセナルを相手に3-2で競り勝った。同試合の76分、ファン・ハール監督は、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスのダイブ(シミュレーション)をアピールするため、第4審判の前で自ら大げさに倒れてみせたことが話題となっている。

 ファン・ハール監督が見せた“珍抗議”について、同じオランダ出身のヒディンク監督は「彼(ファン・ハール監督)が体育教師の下でしっかり学んでいたことがわかるね。まるで柔道の授業で練習するみたいに、完璧な受け身だった。難しくはないだろうが、それにしても見事な転び方だったね」と、コメントしている。

 ヒディンク監督は自らも柔道を習った経験があることを明かしつつ、ファン・ハール監督の物真似をすることはないと断言している。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
エヴァートン
14pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ライプツィヒ
12pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る