2016.03.03

痛恨ドローの首位レスターに朗報…優勝争いのライバルが揃って敗戦

GettyImages-513351970a
首位レスターを追う3クラブが揃って敗れた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第28節が1日と2日に各地で行われた。

 日本代表FW岡崎慎司のレスターは1日、ウェスト・ブロムウィッチと2-2の引き分け。ホームで痛恨のドローに終わり、勝ち点1を上積みするにとどまった。

 レスターと勝ち点差「3」の2位トッテナム、「6」差の3位アーセナル、2試合未消化で勝ち点差「10」の位置につける4位マンチェスター・Cは、翌2日に今節を控えていた。レスターとしては、優勝争いのライバルたちが試合に臨む前に足踏みをしてしまい、差を詰めるチャンスを与えてしまった形。とりわけ、2位トッテナムが勝利を収めた場合は勝ち点57で並び、得失点差の関係で首位が入れ替わる状況だった。

 しかし、2日に行われた試合で上位陣は揃って敗れた。アウェーでウェストハムと対戦したトッテナムは、開始7分に先制点を奪われると、最後まで反撃できず。0-1と痛恨の黒星を喫した。また、3位アーセナルはホームでスウォンジーと対戦。15分に先制に成功したものの、1-2と逆転負けを喫した。

 さらに4位マンチェスター・Cは、キャピタル・ワン・カップ決勝から中2日でリヴァプールと対戦し、0-3と完敗。1試合未消化とはいえ、レスターとの勝ち点差は「10」の開きがある。

 最終的に、上位4クラブでは首位レスターが唯一、勝ち点を積み上げる結果に終わった。レスターは次節、5日にワトフォードとアウェーで対戦。2位トッテナムは3位アーセナルとの上位対決に臨み、4位マンチェスター・Cはアストン・ヴィラと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る