2016.03.01

リヴァプール、バルサGK獲得へ20億円用意か…マンCも関心

テア・シュテーゲン
リヴァプールとマンCからの関心を報じられたテア・シュテーゲン [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに、プレミアリーグのビッグクラブから関心が集まっているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 報道によると、リヴァプールはすでに関心を持っていることが伝えられていたが、来シーズンからジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮を執るマンチャスター・Cもテア・シュテーゲン獲得に興味があるという。

 イギリス紙『サン』によれば、リヴァプールはテア・シュテーゲンの獲得を熱望し、2019年までバルセロナとの契約を残す同選手に1650万ユーロ(約20億円)の移籍金を用意しているという。テア・シュテーゲンはカップ戦要員となっており、リーガ・エスパニョーラではチリ代表GKクラウディオ・ブラボの控えに甘んじている。リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグで出場機会を得られることがテア・シュテーゲンにとって魅力的だと考えているようだ。

 マンチェスター・Cもテア・シュテーゲン獲得に関心を抱いているが、同クラブにはイングランド代表GKジョー・ハートが所属。バルセロナ同様、ライバルとの定位置争いが待ち受けている。

欧州順位ランキング

チェルシー
55pt
アーセナル
47pt
トッテナム
46pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
39pt
ホッフェンハイム
31pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
42pt
バルセロナ
41pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
ローマ
47pt
ナポリ
44pt
欧州順位をもっと見る