2016.02.28

岡崎は7試合連続先発…レスター、監督采配的中の劇的勝利で首位キープ

岡崎慎司
ノリッジ戦に出場したレスターFW岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第27節が27日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターとノリッジが対戦した。

 先週はFAカップが開催されたため、2週間ぶりのリーグ戦となった。レスターは、14日の前節アーセナル戦で1-2の敗戦。今シーズン3敗目を喫し、2位トッテナムと3位アーセナルとの勝ち点差は「2」となった。今節は、6試合勝利から遠ざかる17位ノリッジをホームに迎えての一戦。2連敗は避けたい今試合で、岡崎が7試合連続でスタメン入りを果たした。その他、ジェイミー・ヴァーディ、リヤド・マフレズ、エンゴロ・カンテらが先発出場。前節、退場処分となったダニー・シンプソンの代わりに、ダニエル・アマーティが右サイドバックに入った。

 試合は開始13分、レスターがチャンスを迎える。敵陣中央でパスを受けた岡崎が右サイドにスルーパス。反応したヴァーディが、ペナルティエリア右に抜け出し、相手DFをかわして中央に折り返す。ニアサイドに飛び出した岡崎が、そのボールを右足ヒールで流すが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。22分には、エリア手前中央でセカンドボールに反応した岡崎が、相手DFを背負いつつ、絶妙なトラップから横パス。マーク・オルブライトンがダイレクトで右足を振り抜くが、シュートはクロスバー上に外れた。

 一方のノリッジは38分、右CKでロビー・ブレイディからのボールに、ニアサイドへ飛び出したキャメロン・ジェロームが頭で合わせるが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。43分には、ジェロームからの股抜きパスを受けたネイサン・レドモンドが、エリア内右で右足シュートを放つが、GKカスパー・シュマイケルに弾き出された。

 自陣に引いてブロックを形成するノリッジに対して、レスターはボールを支配して攻勢に出る。だが、得意のカウンターの形は作れずゴールが遠く、前半はスコアレスで終了した。

 後半に入って58分、エリア手前ゴール正面でFKを獲得したレスターは、ボールをずらした後に、ヴァーディが右足を振り抜くが、シュートは相手GKジョン・ラディにキャッチされた。59分、マフレズが持ち上がって前線にスルーパスを出すが、ヴァーディには合わず相手ボールにとなる。だが、岡崎は最後までボールを追い、高い位置でスローインを獲得。このプレーにはホームの観衆も拍手で称えた。

 レスターは69分、岡崎とカンテを下げて、ジェフ・シュルップとアンディ・キングをピッチに送り出す。77分、シュルップの左サイドからのクロスに、ニアサイドでヴァーディが頭で合わせるが、枠を捉えられなかった。先制を狙うレスターは78分、アマーティを下げてレオナルド・ウジョアを投入。ノリッジは84分、レドモンドがエリア手前左から右足で強烈なミドルシュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。

 このまま終了かと思われた89分、クラウディオ・ラニエリ監督の采配が的中し、レスターが先制に成功する。右サイドのオルブライトンがグラウンダーの鋭い折り返しを供給。中央のヴァーディには合わず、ボールはファーサイドに流れると、フリーのウジョアが左足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのままレスターが1-0で勝利。2試合ぶりの白星で首位をキープした。先発出場した岡崎は69分で途中交代となった。一方のノリッジは7試合白星から遠ざかる結果となった。

 レスターは次節、1日にホームでウェスト・ブロムウィッチと対戦。ノリッジも同日にチェルシーをホームに迎える。

【スコア】
レスター 1-0 ノリッジ

【得点者】
1-0 89分 レオナルド・ウジョア(レスター)

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る