2016.02.26

リーグ杯決勝でトゥーレ兄弟が激突へ…過去3戦では兄のコロが全勝

Y・トゥーレ
2015年3月対戦時のY・トゥーレ(左)とK・トゥーレ(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 28日に行われるキャピタル・ワン・カップ決勝で、リヴァプールとマンチェスター・Cが対戦する。マンチェスター・C公式サイトは25日、同試合で実現すると見られるマンチェスター・Cのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとリヴァプールの元同代表DFコロ・トゥーレによる兄弟対決を特集した。

 同サイトは、過去3度あった直接対決の結果を振り返っている。最初の対戦はY・トゥーレがバルセロナに、K・トゥーレはマンチェスター・Cに所属していた2009年に行われた親善試合で、マンチェスター・Cが1-0の勝利を収めた。その後2人はマンチェスター・Cでともにプレーしたが、2013年夏にK・トゥーレがリヴァプールへ移籍すると、2015年にはプレミアリーグで2度激突。2戦ともに兄が貫禄を見せてリヴァプールが2-1と4-1で勝利し、兄弟対決の戦績を3戦全勝とした。

 また、両選手のプレミアリーグ出場数とタイトル獲得数も比較。アーセナルで225試合に出場したK・トゥーレが通算347試合に出場し、187試合の弟を大きく上回っているが、Y・トゥーレはバルセロナ時代を含めて16のタイトルを獲得。兄より5つ多くのトロフィーを掲げている。

 そして同サイトは、両選手が2013年にイギリス誌『Four Four Two』へ寄せたコメントを紹介。K・トゥーレは「ヤヤがバルセロナへ行ったのは、彼らがチャンピオンズリーグ決勝でアーセナルに勝った1年後だった。少し違えば、最高の舞台での対決が実現してたんだ。そういう運命じゃなかったんだね!」と、Y・トゥーレは「リヴァプールは今、僕の最大のライバルだ。彼が所属しているチームだからね!」と、語っていた。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る