2016.02.23

モウリーニョ、マンU重鎮からは歓迎されず?…ギグス氏昇格を推す声も

モウリーニョ、ギグス
モウリーニョ氏とギグス氏(左から)、マンUの次期指揮官の行方は [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uの新指揮官就任が有力と見られているジョゼ・モウリーニョ氏について、同クラブのOBたちは必ずしも歓迎する意向を持っていないようだ。イギリスメディア『BBC』が、イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』のジャーナリストであるサムエル・ラックハースト氏のコメントを紹介した。

 ラジオ番組『BBC RARIO 5 live』に出演したラックハースト氏は、「サー・ボビー・チャールトンとサー・アレックス・ファーガソン、そしてデイヴィッド・ギルでさえも、モウリーニョがマンチェスター・Uの次期指揮官になることを望んでいない」と、コメント。マンチェスター・Uのレジェンドである元イングランド代表MFサー・ボビー・チャールトン氏と、2013年までクラブを率いたサー・アレックス・ファーガソン氏、2013年までクラブCEOを務めたデイヴィッド・ギル氏の3名が、モウリーニョ氏の就任に否定的な見解を示していると明らかにした。

 なお報道では、アシスタントコーチを務めている元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏の昇格を求める声が根強いとも伝えられている。ラックハースト氏は「ギグスを次期指揮官として推す声は非常に多く、マンチェスター・Uのファンは困惑している」と語っている。

 モウリーニョ氏はついては、マンチェスター・Uの次期指揮官就任が決まったとの報道が複数なされている。イギリス紙『デイリーメール』が9日に報じたところによると、同氏は親しい友人に「契約は完了した」と打ち明け、今シーズン終了後に就任することを認めている。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る