2016.02.21

バルサ、レスターの“宝石”マフレズに興味…移籍金32億円超を準備か

レスターでプレーするMFマフレズ [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに興味を示していることが明らかになった。20日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 同紙によると、マフレズにはバルセロナが関心を寄せており、移籍金として2000万~2500万ポンド(約32億4000万~40億5000万円)を用意。バルセロナ以外にも、チェルシーやアーセナルも獲得を狙っているとも報じられている。

 マフレズは今シーズン、プレミアリーグ25試合出場で、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに次ぐチーム2位の14得点を記録。同紙は、ヴァーディとマフレズのことを「2つの宝石」と表現し、首位を走るレスターの攻撃陣の中心として賛辞を送っている。
 
 両選手の引き留めのために動きを見せているレスター。ヴァーディとは今月6日に2019年6月まで契約延長を結ぶことに成功し、マフレズとも昨夏に週給3万5000ポンド(約568万円)の4年契約を新たに締結した。さらにマフレズには今シーズンの活躍を受けて、現状の2倍以上の給料を支払う準備もしているという。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る