2016.02.18

レドナップ氏がモウリーニョのマンU指揮官就任を明言「決定事項」

レドナップ、モウリーニョ
レドナップ氏(左)がモウリーニョ監督(右)のマンU就任を明言 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元トッテナム指揮官のハリー・レドナップ氏が、ジョゼ・モウリーニョ氏が来シーズンからマンチェスター・Uを率いることになると明言した。イギリス紙の『エクスプレス』が16日付で伝えている。

 13日に行われたプレミアリーグ第26節サンダーランド戦を1-2で落としたことで、チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位以内でのフィニッシュが難しくなりつつあるマンチェスター・U。ルイ・ファン・ハール監督の今シーズン限りでの解任が確実視されており、モウリーニョ監督就任の噂が盛んに取り沙汰されている。

 モウリーニョ氏を次期監督として招へいする噂について、レドナップ氏は「ルイ・ファン・ハール氏がマンチェスター・Uで成功しているとは言えない。彼にとってそれは間違いなく災難だった。事情通の知り合いによれば、ジョゼ・モウリーニョ氏のマンチェスター・U入りは決定事項のようだ」とコメントしている。

 なお、モウリーニョ氏が親しい友人に監督就任決定の旨を打ち明けていたと、9日付のイギリス各紙が報じられている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る