2016.02.17

岡崎の同僚カンテはプレミア1のボランチ?…守備要素で“三冠王”だった

敗れたアーセナル戦でMOMに選出されたMFカンテ(中央) [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターの躍進を支える1人、フランス人MFエンゴロ・カンテ。14日に行われたアーセナルとの上位対決では1-2と逆転負けを喫しながらも、現地で試合を中継していたイギリスメディア『スカイスポーツ』から同選手はマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されている。

 同メディアは、カンテの凄さを示すデータを公開。今シーズンのプレミアリーグにおいて、同選手はインターセプト回数、タックル回数、タックル成功回数の3部門で1位の記録を残しているのだ。

 ここまでカンテはリーグ戦全26試合に出場しているが、109回のパスカットに成功。これは1試合平均で4.19回となる。タックルに関しても総数108回、成功数79回ともにリーグ最高値を記録しており、その成功率は73パーセントを超える。

 レスターでは19ゴールで得点ランキングトップに立つイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディや、14得点を挙げているアルジェリア代表MFリヤド・マフレズなど、攻撃陣が目立っているが、守備の要であるカンテも首位に立つチームを支える原動力となっている。

(記事提供:Qoly)

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る